news

2018.07.01

メディア出演
中村蒼 中村蒼

FOD・Netflixドラマ「夫のちんぽが入らない」主演決定!!

FOD・Netflixにて2019年配信予定のドラマ「夫のちんぽが入らない」の主演を中村蒼が務めることが決定!!

2014年5月開催の「文学フリマ」で発売した同人誌「なし水」に収録され、その衝撃的なタイトルからネット上で話題となった主婦こだまの自伝である短編小説「夫のちんぽが入らない」が遂に連続ドラマ化。

原作「夫のちんぽが入らない」は、夫と交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモアあふれる筆致で綴った“愛と堕落”の半生、“衝撃の実話”を綴った処女作。
原作は、2017年1月に大幅に加筆修正され書籍化し、発売1カ月で13万部の売り上げを突破し、「Yahoo!検索大賞2017」では小説部門賞を受賞、現在は漫画版の連載が開始されている。

中村蒼はストーリーの鍵を握る夫・渡辺研一を演じます。

 本ドラマは、久美子(石橋菜津美)が大学に入学し、同じアパートに入居していた研一と交際を始めるところから物語が始まります。
そして、初めて体を重ねようとした夜、研一の性器が全く入らないという事件が起こります。
その後も性行為ができないままの2人でしたが、「性交為ができなくても、それ以上に好きな人と一緒にいたい。」という強い思いにより結婚を決意します。
 しかし、久美子は「当たり前のことができない自分は“不良品”である。」という劣等感を抱え、研一は久美子を幸せにしてやれないという思いに苦しみ、二人の心は徐々に離れてしまいます。
 そんな夫婦が一般的でない悩みを抱え苦しみつつも、自分たちだけの夫婦のカタチを見つけ出し、人それぞれの幸せや、人との繋がりを考えさせてくれる作品です。

演出は、2009年2月に「百万円と苦虫女」で第49回日本映画監督協会新人賞を受賞し、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)、「お父さんと、伊藤さん」(2016年)などの映画を演出。
水川あさみを主演として起用した『東京女子図鑑』(Amazonプライムビデオ2016年)ではアラサーの女ゴコロ丸出しの作品が反響を呼ぶなど、女性の心をがっちりとつかむ演出が好評なタナダユキが務めます。

脚本は、「百万円と苦虫女」「四十九日のレシピ」など数々の映画や、『ウルトラマンシリーズ』『怪奇大作戦 ミステリーファイル』などの特撮の脚本を担当。
また、タナダユキとは『東京女子図鑑』で脚本を共同で担当したことをはじめ、数多くの作品でタッグを組んできた黒沢久子が担当します。
タナダユキ×黒沢久子が生み出す映像は必見です。



◇ 連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』概要
■タイトル:『夫のちんぽが入らない』
■配信開始日:FOD・Netflixにて2019年配信
■原作:「夫のちんぽが入らない」扶桑社刊 こだま著
■出演:渡辺(山本)久美子・・・石橋菜津美
    渡辺研一・・・中村蒼
■スタッフ:
演出:タナダユキ
脚本:黒沢久子


詳細はこちら

  • FOD・Netflixドラマ「夫のちんぽが入らない」主演決定!!

  • MORE INFO

  • レプロSNS一覧
  • 動画一覧

PAGE TOP